膝関節痛−いたいまがらないなんとかしたい > 膝関節痛治療 > 膝関節痛の治療はまず医者へ

スポンサードリンク

膝関節痛 変形性膝関節症 関節水腫 

膝関節痛治療

膝関節痛の治療はまず医者へ

膝関節の治療は軽度の場合
予防に勤めることや改善のための筋力強化
ストレッチなどのセルフケアになりますが

自分の症状がどういう状態であるか医療機関で
きっちりと把握しておくのが大切です。

膝関節痛といっても様々な症状があるため
医師の診断ではっきり認識しておかなくては
いけません。

初期症状で気をつけることによって進行を遅らせる事ができる
かも知れません。

私の母が医師に相談したところは
現段階では足底板などを使い膝の負担を減らし
投薬で痛みを軽減させる。
ひどくなった場合は人工関節だと言われていました。

運動療法で強度のいたみや炎症 関節液貯留などがあると運動が行えなくなるので
そのための対症療法がおこなわれます。

痛みや炎症を抑えるために湿布 塗り薬 飲み薬など。

関節液貯留では、貯留している液をを抜いて薬剤を注入します。

物理療法でカーボン太陽や遠赤外線 マイクロ波、超音波、低周波、などで痛みを緩和させます。

足底板や膝装具などの治療具を用いて脚を補強します。

損傷の高度な場合は観血的療法(手術となります)

私的な話しですが子供の頃から年一回か二回ほど
突然に膝の筋が痙ったように膝関節が引っかかり
動かなくなりました。治ってしまえばけろっとしているので
一度も医者に連れて行ってもらえず
仮病扱いされていました。

大人になって回数も減り何年もならなかったのですが
最近になって仕事中に引っかかるようになりました。
激痛で全く動くこともできず恐怖です。
頻繁になり始めたので 云十年にして始めて整形外科を受診しました。

医師からしたらよくある事らしいくすぐに原因を説明してくれました。
半月板の損傷で関節内で引っかかるらしく その引っかかりがとれるまで激痛で動けません。

そく大きな病院を受診し手術を決めました。
運動や養生で何とかなる症状ではないので
もっと早く受診するべきでした。


スポンサードリンク

<<膝関節痛の痛みを抑える運動は | 膝関節痛−いたいまがらないなんとかしたいトップへ | 膝関節痛のサポーター>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。