スポンサードリンク

膝関節痛 変形性膝関節症 関節水腫 

膝関節痛薬

膝関節痛の薬?

膝関節痛は加齢や使いすぎによって軟骨が磨耗する
ために起こります。

関節痛そのものを治す特効薬はなく気長に関節痛に対処していくしかありません。

よくテレビで、軟骨を形作る成分である
グルコサミンやコンドロイチンなどの
サプリメントの飲んでいる方が階段をらくに上がり降りするシーンを見ます。

膝関節痛改善に有効なグルコサミン コンドロイチンなどは
食事からの摂取だけだと不十分なこともあり手軽にとれるサプリメントなどは便利です。

しかしサプリメントを利用しつつ、大腿四頭筋などの
筋肉のトレーニングやストレッチ血行の改善などを
しなければダイエットと同じで膝関節痛改善効果は厳しいかも。


整形外科では、消炎鎮痛薬を処方されます。
痛みに対する速効性が高いのが特徴です。

膝関節痛を和らげる為に消炎鎮痛薬やカルシウム剤などを使用した
薬物療法は一時的に膝痛を止めるだけであくまでも膝関節痛の対症療法で、
炎症を抑え、膝痛の症状を軽くし回復を助けるためのものです。
運動療法、物理療法の補助であって、根本的な治療ではありません。

痛みの症状が出ると、飲みたくなってしまうのが人情ですが
非ステロイド系の消炎鎮痛剤は 食欲不振 胸やけ 胃痛など、
出ることがあるようで、胃腸の弱い私のような人は注意が必要らしいです。

処方される関節痛用の消炎鎮痛剤は、
本当に関節痛がひどいときだけ飲むようにし
薬に頼り過ぎないよう痛みが軽ければ湿布だけですごし
飲まないとだめなわけではありません。


慢性期に使用する外用薬、貼り薬と塗り薬になります。
湿布薬は温感、冷感湿布があり 薬剤を皮膚から浸透させます。
膝痛が特にひどいとき効き目の速い坐薬を使用します。

病院では膝の痛みを和らげるためヒアルロン酸を膝に注射し
一時的に膝痛の症状を軽くさせてくれます。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。